×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イメージ画像

管理人推奨のわきが対策商品

顧客満足度89.8%!これまでのわきが対策商品にあったデメリットを一掃!
  • 推薦
  • キャンペーン

ラポマイン
新常識!? 私が使用してきたこれまでのわきが対策商品では、長期間使い続けたり二度塗りしたりするとかぶれのような皮膚炎を起こしてしまうという敏感肌ならではのデメリットがありました。
今まで満足できなかった私でもかぶれる心配がなく、わきがの臭いも長時間抑えてくれて効果もバッチリです。

【目次】

  • 1.あるある!わきが対策商品を使用するとまれに起こる症状
  • 1-1 敏感肌の方は成分に注意!
  • 2.なるほど!わきが対策商品選びの3つのポイント
  • 3.わかった!本当に効果があって満足できる人気商品
  • 3-1 顧客満足度89.8%!口コミサイトでも高評価のデオドラント
  • 3-2 ラポマインが人気の理由

わきが対策商品を使用するとまれに起こる症状

そのデオドラント、こんな悩みありませんか?

これまでに私は20種類程度のわきが対策用デオドラントを使ってきました。
コマーシャルでもよくみるスプレータイプの物から塗るタイプの物まで試してきましたが、最近市販されているものもかなり持続性が高くなってきてわきが対策商品としては効果の高い物が増えた気がしています。


ただ、私が敏感肌のせいなのか、連続して毎日使っていると皮膚炎のようなかぶれが発症し、めちゃくちゃかゆくなってしまうということが頻繁にありました。また、これは特にスプレータイプ(パウダータイプ)に対していえることなのですが、香料の入っているものだと臭いが混ざってしまったり、汗をかくとすぐに効果がなくなったりと感じることがありました。

さらには服の中からシューっとすると至近距離すぎて低温やけどのような症状を起こすことも...。(汗)

敏感肌の方は成分に注意!

かゆみを伴ったことがある場合は成分確認必須です!

これはわきが対策の商品に限ってのことではないのですが、「表示指定成分」ってご存知ですか?

使用する人の体質によってアレルギー反応などの肌トラブルを起こす可能性がある成分として、製品に使用する場合はあらかじめ表示しましょうという薬事法によって定められた102種類の成分のことをいいます。その他、化粧品関連では現在は全成分表示となっていて、どのような成分を使用してあるのか事前に調べることができます。

しかし、案外このことを知らない人は多く、ある調査によると7割以上の人が内容について知らないと答えたそうです。
では、参考までにデオドラントに使われることが多い成分についてご紹介してみます。

BHT(表示指定成分) 酸化防止剤 皮膚炎や過敏症を起こすことがあるほか、アレルギーの発症報告あり。
イソプロピルメチルフェノール 殺菌・防腐剤 皮膚発疹・吹き出物など。飲み下すと神経失調などをひき起こす可能性あり。
ミリスチン酸イソプロピル 乳化剤 毒性は低いが、発疹などの軽い症状を起こす可能性あり

これらが必ず症状を引き起こすわけではありませんが、BHTについては毒性が強い方なので軽度であってもかゆみなどの皮膚炎を起こす可能性は十分にあると考えた方がよいと思います。
実際に私も無添加のわきが対策商品を使用してからはアレルギー反応は無いので、できればお肌には化学成分不使用のものを使いたいところです。

わきが対策商品選びの3つのポイント

様々なわきが対策商品を試して学んだ選び方のポイント

私自身、10代のころからわきが臭が気になり始め、その当時は8×4からスタートし、ロールオンタイプ、デオナチュレシリーズなど、思い返してみればホント色んな商品を使用してきました。
成分なんか見たこともなかったので合う合わないも気付きませんでしたし、ドラッグストアに行っては新しい商品を試し、手当たり次第に購入していたような気がします。

しかし、いつまでたっても本当に効果がある商品なんてわからないだろうし、もっとワンランク上の物はないものだろうかとネットで探すようになってから色んなことに気付かされました。
だからこそわきが対策商品を選ぶ時にはどのようなポイントに注意すれば失敗しないのか少しは詳しくなったような気がします。

ここでは、このページのテーマであるわきが対策商品を選ぶときのポイントについて3つまとめてみましたので参考にしてみてください。

スプレータイプ(パウダータイプ)より塗るタイプの方が持続性が高い

これについてはなんとなく感覚で分かっていただけると思うのですが、清涼感を得たいというのであればスプレータイプは満足できるかもしれません。ただ、臭いを抑えるという点では塗るタイプの物には劣ります。基本的にスプレータイプの物は中に入っているパウダーを噴射して脇に吹きつけます。しかし、このパウダーが水分にどうしても弱く、脇汗が出ると一緒に流れてしまい服に臭い(香料)が映るだけという結末になってしまいがちです。

それに対し、塗るタイプのものはクリーム状なので水分に強く脇汗などにも非常にタフです。また、まんべんなく塗ることができるため、脇の下全体をケアでき、密着性が強いので基本的に持続性が高いです。わきがの臭いが強いという方には絶対的に塗るタイプのものがオススメです。

表示指定成分などの成分についてよく確認する

さきほどお話しした部分と重複するのですが、市販のデオドラントだと特に防腐剤や酸化防止剤が含まれているので、敏感肌のようなお肌の弱い方はかぶれてしまう可能性があります。これについてはスプレーでも塗るタイプでも共通していえることで、しかもほとんどの商品がこれらの成分が含まれています。どうしても市販のものを使う場合は頻度を考えて使用したがよいかと思います。

口コミなどの体験談で高評価&返金保証があればなおよし

商品によっては公式サイトに体験談などの口コミがあったりしますが、私の場合は「@コスメ」の方が信ぴょう性が高いと考えて参考にしました。また、通販の商品になると返金保証付きのものもあるので安心です。冷やかしで購入するのはよくないですが、ノーリスクで試すことができるのは通販ならではのメリットだと思います。万が一お肌に合わなければ返品できるわけですしね。

では、本当に効果があって満足できるわきが対策商品って?

ここまでの話でわきが対策商品といっても、体質次第ではお肌に合う合わないがあったり、持続性も善し悪しがあったりと、私みたいなタイプの場合はなかなか満足できる商品がないという結論に至ってしまいます。

実際にネットで調べてみても本当に全ての条件を満たしてくれるわきが対策商品というのは少なく、どこかの部分で妥協しないと仕方ないのかなぁと思ってしまう部分もあります。しかし、そんな中でも現在私が使用している「ラポマイン」というデオドラントはなかなか良いパフォーマンスをしてくれていて、成分的にも無添加なので今の段階ではベストなアイテムです。ちょっと高いのがネックになっていますが、条件的には合格点です。

無添加、顧客満足度89.8%、@コスメでも高評価のデオドラント

ここであえて1つだけオススメのわきが対策商品を紹介するとするなら「ラポマイン」です。無添加なのは当然なのですが、公式サイトでも顧客満足度89.8%となっており、私もその多数派の一人だと思います。ただ、公式サイトはどれだけでも言えるので、@コスメの評価をみてみてください

実際にネットで調べてみても本当に全ての条件を満たしてくれるわきが対策商品というのは少なく、どこかの部分で妥協しないと仕方ないのかなぁと思ってしまう部分もあります。しかし、そんな中でも現在私が使用している「ラポマイン」というデオドラントはなかなか良いパフォーマンスをしてくれていて、成分的にも無添加なので今の段階ではベストなアイテムです。ちょっと高いのがネックになっていますが、条件的には合格点です。

ラポマインが人気の理由

「聞いたことない商品だけど大丈夫なの?」

という声が聞こえてきそうな気がしますが、保存料が入っていないので店頭には並べることができないため、市場への露出が少ないということを考えると不安になるのは仕方ないです。私も正直購入するときは迷ったので(汗)

しかし、リスクよりも悩みの方が上回っていたので失敗しても仕方ないと割り切って買ってみたら良かったというのが本音です。では、なぜネット通販のわきが対策商品でラポマインが人気なのか確認しておきたいと思います。

  • 無添加なので赤ちゃんでも使用可能
  • 柿渋エキスで臭いの97.7%をカット
  • わきの黒ずみに効果あり
  • イソフラボンの抑毛効果
  • デザイン・配送にプライバシー配慮
  • 90日間全額返金保証

これだけの要因が人気の理由だと思います。公式サイトではさらに詳しく成分などについても解説してあるので参考にしてみてください。

ラポマイン公式サイトはこちら

【わきが関連姉妹サイト】

わきがの臭いを抑える・・・わきがの臭いを抑えるクリームとして人気の高い商品の紹介
わきがに効くデオドラント・・・わきがに効く医薬部外品のデオドラントについて

このページの先頭へ